1. HOME>
  2. 事業情報>
  3. 土木>
  4. 斜面・のり面対策>
  5. 維持・補修>
  6. RaPegas(ラペガス)

事業情報

土木 | 斜面・のり面対策 | 維持・補修
RaPegas(ラペガス)

概要

RaPegas(ラペガス)

RaPegas(ラペガス)はマルチコプター(ドローン)を利用した空中撮影・画像処理技術です。のり面の老朽化診断だけでなく、人が立ち入ることが困難な土砂災害発生時の初期調査にも利用可能な技術です。

お問い合わせ:宇都宮機材センター
TEL:0285-53-6611FAX:0285-53-0348お問い合わせはこちら

用途

  • ■状況写真撮影(建設工事、開発行為に伴う着工前・着工後、施工状況写真等)
  • ■構造物の維持管理(コンクリート構造物、老朽のり面赤外線調査による診断等)

老朽のり面熱赤外線調査

→老朽のり面熱赤外線調査

熱赤外線映像法を用いて吹付モルタルの背面状況を解析し、空洞箇所を特定します。
詳しくはこちら

  • ■災害対策(斜面崩壊、のり面崩壊の現況把握、三次元形状計測・図面化)

三次元形状計測・図面化

→三次元形状計測・図面化

写真から三次元モデルを作成し、現場状況を保存・図化・視覚化します。

適用例

・モルタル吹付のり面調査

モルタル吹付のり面調査

モルタル吹付のり面の老朽化診断の一環として、のり面展開図の作成、表面積計算に本技術を使用しました。 撮影したデジタル写真からCAD図面としたり、写真画像を重ね合わせてオルソ画像からひび割れの抽出などを行いました。

ページトップへ戻る