1. HOME>
  2. 事業情報>
  3. 土木>
  4. 土壌汚染対策>
  5. 土壌汚染調査

事業情報

土木 | 土壌汚染対策

土壌汚染調査

調査計画の立案から調査の実施、結果の解析まで行います。
当社は土壌汚染対策法に基づく「指定調査機関」です。
(指定番号:2003-3-1058)

2003年に土壌汚染対策法が施工され、現在では多くの地域で土壌汚染に係る条例等が施工されております。また、自主的な調査も多く行われております。

■土壌汚染調査には以下のケースがあります。

  • ・土壌汚染対策法に基づく調査
  • ・都道府県等の条例等に基づく調査
  • ・自主的に行う調査
  • ・これらが複合する調査

■調査実施の契機には以下のようなケースがあります。

1.土壌汚染対策法(調査義務)

  • ・有害物質を使用等する施設の廃止時(法3条)
  • ・一定規模(3000㎡)以上の土地の形質変更時(法4条)
  • ・土壌汚染により健康被害が生じる恐れがある場合(法5条)

2.都道府県等の条例・要網等(調査義務)

  • ・工場等の廃止時
  • ・一定規模以上の土地の形質変更時
  • ・建設発生土の搬出時、ほか

※地域の自治体により異なります。

3.自主調査

  • ・不動産取引時
  • ・土地資産の評価(資産除去債務の見積等)
  • ・環境リスクマネジメント、ほか

ページトップへ戻る