1. HOME>
  2. 事業情報>
  3. 土木>
  4. 斜面・のり面対策>
  5. 維持・補修

事業情報

土木 | 斜面・のり面対策

維持・補修

老朽化したモルタル吹付面や年数が経過したグラウンドアンカーを調査・診断し、必要に応じて補修・補強、更新などの対策を行います。

補修・補強

のリフレッシュ工法

  • NETIS
  • NNTD

増厚吹付工、空隙充填工、及び地盤注入工を組み合わせ、老朽モルタル吹付け面の補強や景観性向上を実現します。

詳しくはこちら

調査・診断

RaPegas(ラペガス)

マルチコプターを利用した空中撮影・画像処理技術です。のり面の3次元モデル作成や空洞調査に応用できます。

詳しくはこちら

イーグルアイ・ムーフィックス

ヘリコプターから熱差分画像を連続撮影し、路線単位で既設のり面の調査必要箇所を抽出します。

詳しくはこちら

老朽のり面熱赤外線調査

熱赤外線映像法を用いてのり面診断、非破壊検査を行います。

詳しくはこちら

アンカーリフトオフ
試験システム(LOT-006)

  • NETIS
  • NNTD

アンカー試験における緊張力をコンピュータで自動的に制御するシステムです。

詳しくはこちら

Aki-Mos(アキモス)

  • NETIS

既設アンカー緊張力モニタリングシステム

詳しくはこちら

ページトップへ戻る