1. HOME>
  2. 事業情報>
  3. 土木>
  4. 地盤改良>
  5. 機械撹拌工法>
  6. GNSSステアリングシステム

事業情報

土木 | 地盤改良 | 械撹拌工法
GNSSステアリングシステム(機械誘導 施工管理併用システム)

認証・登録

NETIS
  • ■TH-170010-A
  • ■平成29年11月
  • ■衛星測位システムによるマシンガイダンス機能と施工管理情報を組み合わせた地盤改良機の総合施工管理システム

概要

GNSSステアリングシステム概要

GNSSステアリングシステムは、衛星測位システムを利用して地盤改良機を施⼯計画位置へ⾼精度に誘導する[マシンガイダンス機能]と、施工管理項目をリアルタイムで表示・記録する[施⼯管理機能]を統合した地盤改良分野の情報化施工に対応した技術です。 当社独自の機械撹拌工法である「RASコラム工法」、「RMP-MST工法」、「SCM工法」に適用することができます。

キーワード:ICT、情報化施工、GNSS、地盤改良

お問い合わせ:施工技術本部
TEL:03-3265-2459FAX:03-3265-2510お問い合わせはこちら

特長

  1. 1.施工計画位置まで高精度に機械を誘導できます。
  2. 2.誘導員と施工機の接触事故の危険を低減できます。
  3. 3.施工の進捗状況をリアルタイムで把握できます。
  4. 4.深層混合処理工法、浅層・中層混合処理工法の各工法に応じた施工管理機能が付いています。
  5. 5.外部モニターにより施工機から離れた場所でも進捗状況を確認できます。

主要機能

GNSSステアリングシステム機能説明

ページトップへ戻る