1. HOME>
  2. 事業情報>
  3. 土木>
  4. 斜面・のり面対策>
  5. 維持・補修>
  6. 老朽のり面熱赤外線調査

事業情報

土木 | 斜面・のり面対策 | 維持・補修
老朽のり面熱赤外線調査

概要

熱赤外線映像法によるのり面診断は、日照による吹付けのり面の温度変化が、健全部と空洞部で異なることを利用した調査手法です。熱赤外線画像を高温時と低温時に撮影し、2時刻の画像から得られる温度差分画像を解析することによって、直接には見ることのできない部分の評価を行うものです。

お問い合わせ:宇都宮機材センター
TEL:0285-53-6611FAX:0285-53-0348お問い合わせはこちら

特長

  • ●非接触・非破壊で調査可能
  • ●広い範囲の表面温度分布を相対的に把握が可能
  • ●面の温度分布として、定量的データを可視表示
  • ●斜面に人が登る必要がないため、作業の安全性確保が可能
  • ●調査のための交通規制が不要


■熱赤外線画像


■温度差分画像の解析結果

用途

  • ●モルタルやコンクリート構造物の背面空洞・亀裂・背面湧水等の推定
  • ●老朽のり面の背面注入状況確認

ページトップへ戻る