ライト工業株式会社 ライト工業株式会社

土木 / 工法 / 補修・補強 / 橋梁の補修・補強

落橋防止装置

概要

PC鋼より線やチェーンを主材にし、緩衝部材と合わせて橋脚、橋台、桁等と連結させることにより橋軸方向、橋軸直角方向に対して耐震性を確保する工法です。

お問い合わせ:施工技術本部
TEL:03-3265-2572FAX:03-3265-0870
お問い合わせ

特長

  • 防蝕性能を有し耐久性があります。
  • PC鋼より線やチェーンによる連結で桁かかり長を補完し、地震時の落橋を防止します。
  • U字型チェーンは建築限界の制約のある場所にも適しています。
  • 大規模地震時の衝撃力を緩和します。

使用材料

【PCケーブル】
  • PCケーブル
  • 偏向具
  • 支圧板
  • 緩衝材
  • ブラケット (鋼材)  等
【U字チェーン】
  • チェーン
  • 加硫ゴム
  • ブラケット (鋼材)  等

施工手順・施工状況

①RCレーダー等による鉄筋探査
②設置場所のアンカー(コンクリート)、孔明(鋼)を行います。
③ブラケットの取り付け(両側)
④本体の取り付け (PCケーブル、U字型チェーン)


■PCケーブルの設置例


■U字型チェーンの設置例

橋梁の補修・補強一覧

SRS工法

SRS工法

特殊ポリマーセメント吹付けによる耐震補強工法です。

N-SSI工法

N-SSI工法

ポリマーセメントに塩分吸着剤を配合した高防錆型断面修復工法です。

伸縮装置

伸縮装置

耐久性、止水性に優れた伸縮目地です。

炭素繊維巻き立て

炭素繊維巻き立て

炭素繊維シートを橋脚等に巻き付け耐震補強を図る工法です。

落橋防止装置

落橋防止装置

PCケーブル、チェーン等の材料により桁の落下を防止します。